我輩はネコである

ネコがXboX360のゲームをレビューしたりプレイ日記つけたりします。中の人などいません。多分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

OBLIVIONプレイ日記 その2

PA0_0030.jpg



シロディールの山み~ちを ネコさ~んが走る~♪

今~は亡き 皇帝との約束を その胸に抱いて♪



PA0_0029.jpg




「見ろよ! カジートのカモだ!」

弓を射る山賊~♪

なん~とでも呼べばいいさ 我輩



PA0_0028.jpg




斃して



PA0_0027.jpg




身ぐるみ剥ぐか~ら~♪



似非ホーリーナイト ネコさん 完



改めましてこんばんわ。バンプファンの人ごめんなさい。

さて、前回は地下道から帝都へ無事侵入を果たしたネコさん。しかし気づけばすでに夜。

ネコさんはとりあえずお宿で休み、明日から本格的に活動することにしました。

PA0_0036.jpg


地下道で小銭も稼いだので、少々奮発していい宿屋に泊まります。

お値段は20ゴールド。今のネコさんにはけっこうな出費でしたが、出されたお夕食を見てびっくり。


PA0_0035.jpg


ふおぉぉぉぉぉぉっっ!!♪

パン鹿肉トウモロコシ、おまけにビールまでついています。しかもなぜか2人前

計算してみるとこの食事のほうが断然宿代より高いのですが、これで経営できているところを見ると、独自の仕入れルートがあるのかもしれません。もしくは、裏で何か

しばらく貧しい食事(洞窟で拾った野菜とか)しか食べていなかったネコさんは大喜び。お腹いっぱいでほろ酔い気分、幸せなキモチで安らかな夢路をたどったのでした。





PA0_0032.jpg


翌朝はいい天気。

帝都を発つ前に、ネコさんにはやらなければならないことがありました。


すんませーん、コレ買い取って欲しいッスー


そう、地下道で見つけたアイテムを換金して、路銀に換えるのです。開店間もない武器屋に駆け込み、早速値段の交渉です。


「あー、結構傷んでるねぇ。こりゃ6ゴールドがいいとこだよ」

「ちょっ、そりゃ足元見すぎッスよぉ! せめて半値で!

「ウチだって商売だからねぇ。イヤなら他当たりな。」


PA0_0031.jpg


最初は渋っていた武器屋の店主ですが、ネコさんが小粋なエルスウェーア・ジョークを飛ばしてみせると態度が軟化。結果的に、売値の6割近い値段で買い取ってもらうことに成功しました。



少し解説すると、OBLIVIONの世界では、全ての商店でこうした値引き/吊り上げ交渉が可能です。
よりお得な取引をするためには、相手の好感度を上げる必要があります。好感度は、会話時に出てくる「説得」コマンドを実行して、ミニゲームで成功すれば上げることができます。
あと、「袖の下」を渡しても上がります
このほかに「商才」スキルも関係するのですが、スキルシステムについては、また別の機会に。



こうして懐も暖まったネコさんは、皇帝の遺品を届けるべく、一路修道院を目指します。

途中で、冒頭の盗賊に襲われたりしましたが、距離が近いこともあり、特にネタを拾う間もなく無事に到着

PA0_0026.jpg



「ここっスね。えー……ちわッス、お届けモノでーす


PA0_0025.jpg


「何の用かね?」

うおっ眩しっ……じゃなかった。ええと、皇帝さんからコレ預かってきたんすけど…」


王者のアミュレットを受け取ったハゲ修道士は相当驚いた様子で、どうしてコレを?と問い詰めてきました。


「我輩、陛下の死に際に立ち会ったんスよ。で、コレ渡されて。なんか、息子に渡せって言ってたッスけど」

「そうか…実は陛下にはもう一人ご子息が居られてな、彼はクヴァッチという街で修道士をしておる。名前はマーティンだ。」

「はぁ…なんでまたそんな片田舎に?」


話によると、幼い頃に帝都から離し、ひそかに教会へ身請けさせたんだとか。当時皇帝の側近だった彼(ジェフリーというらしい)は、そのことを知る数少ない人間の一人だということでした。


「恐らく彼は、自分が皇帝の血統であることも気づいておるまい……」

「はー……なんか複雑な事情がありそうッスね。まあとにかく渡したッスから、我輩はこれで

まあ待ちたまえ。どうだろう? クヴァッチからココまでマーティン殿下をお連れしてくれないかね?

へ? いや、そう言われても、我輩一介のネコですし…あとはそっちで何とか…」

そこの宝箱の中身持って行っていいから

喜んでやらせていただきます!



↓いただいた装備でパワーアップしたネコさんの勇姿
PA0_0024.jpg


こうして、大変わかりやすく物欲に負けたネコさんは、皇帝の息子を探すべく、クヴァッチへと足を向けることになったのでした。



この時……


目先の利益に負けたネコさんを、過酷な運命が待ち受けていようとは、彼はまだ、知る由もなかったのです…
スポンサーサイト

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

OBLIVIONプレイ日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<OBLIVIONプレイ日記 その3 ~クヴァッチ編(前)~ | HOME | OBLIVIONプレイ日記 その1>>

この記事のコメント

こんばんわ。
わーい、猫さんだ(’ワ’)o"
早速アミュレットを届けて、偉いです!(4月から始めたのにお使いの一つも満足にこなせていない人;)

マーケット地区の宿屋さんは豪勢で素敵ですね♪
何の疑いも無く食べてましたが・・・宿賃より高い食事・・・確かに(・□・)
経営はどうなっているんだろう???
2007-11-10 Sat 22:03 | URL | れら #/3WEEAIQ[ 編集]
ふおおっ! まさかれらさんにコメントいただけるとは・・・ ありがとうございます!m(_ _)m

ネコさんは義に厚いのです。そして欲も深いのですv
謎と言えば、お店の取引上限額も謎。無限に買い取ってくれるくせに、一度の取引では小額のみ。なんでだろ?(・_・)

まだはじめたばかりで文体も定まってませんが、生温く見守ってもらえると幸いです(^^
2007-11-11 Sun 09:25 | URL | 39式猫戦車 #Do2LmXjs[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-05-15 Fri 17:31 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。