我輩はネコである

ネコがXboX360のゲームをレビューしたりプレイ日記つけたりします。中の人などいません。多分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

OBLIVIONプレイ日記 その11



前回までのあらすじ

『暁の道』四巻を入手するため、脳筋ブレイズと共に下水道へ潜入するネコさん
はたしてそこで待つものは……


PA0_0118.jpg





ボーラスに案内されてついたのは、路地裏にあるマンホールだった。

帝都地下に、網のように張り巡らされている下水道。そのどこかに、暁の教団員が潜伏しているという。今回のミッションは、その相手と接触、敵本拠地の場所を探るため、『暁の道』第四巻を入手するのが目的だ。



「行くぜブラザー、俺に付いてきな!」


「はいはい……」



やけにテンションが高い隠密ブレイズの後に続き、下水道へと歩を進める。

薄暗い下水道は、本来ならネコさん得意のスニーク戦法が活かせる戦場だが、隠密のはずのボーラスには、忍び足で歩くという発想すらないようだった。

それどころか、ゴブリンや蟹を見つけるや、雄たけびを上げて突撃してしまうのだから始末に負えない。

ホントにこいつブレイズの隠密なのか

そういや皇帝が暗殺された時も、防御に有利な最奥の小部屋を飛び出して広間で迎撃戦した挙句、ド素人&得体の知れないネコさんに皇帝護衛を任せるなど、プロとは思えない不手際が目立った。

ひょっとしたら、あまりに使えないので実戦部隊から左遷されたのかもしれない

そんなことをネコさんが考えていると、脳筋はある扉の前で立ち止まった。





PA0_0117.jpg





「ここだ。テーブルなんざ誰が置いたのか不思議だったんだが、まさか敵の根城だったとはな!



いや調べようよそれが仕事でしょうがアンタ

と、いう言葉が喉の奥まで上がってきたが、ボーラスがやけに真剣な表情をするので、ネコさんはそれをぐっと飲み込んだ。



「よし、敵との会合には俺が行く。お前は万一に備えて、上から援護してくれ」


「はあ……」


「……聞いてくれブラザー。俺はここで死ぬかもしれない」


「え……」


「俺たちはなんとしても、本を手に入れなきゃならない。俺が死んだら、後は頼むぜブラザー」



言って、彼は苦く笑い、こちらに親指を立てて見せる。

ネコさんは急に、この男が好きになった。

脳は若干筋肉質だが、彼は彼なりに、皇帝を死なせた責任を感じているのだろう。

その職務が要求するところには、少し単純過ぎる気もするが、自分の責任を、命をかけて果たそうとするその姿勢には、愚直であるがゆえに好感が持てた。



「……いや、敵との接触は我輩がやるッス。あんたには援護をして欲しいッス」


「ブラザー!?」



アミュレットを盗まれた責任を無関係な部外者に押し付けて、自分は砦にヒキコモリな無能ハゲより、彼のような男のほうが、何倍も生き残る価値がある。

それにだ


「あんたになら、背中を任せられるッス。たのんだッスよ、『兄弟』」


ポン、と彼の肩を叩いて、ネコさんは扉へ向かった。

向かいながら、奇妙な不快感を感じている自分に気づく。

ボーラスを死なせたくないという感情はある。が、自分を動かしたのが、それだけではないのも確かだった。

微妙な敵との駆け引きを、彼よりは自分のほうが上手くやれるだろうという、それは冷徹な計算だった。

といって、確実にやれるかというと自信がない。今からでも彼に任せたほうが――いや、一度言ったからには取り消すことも――ああ、糞。なんで我輩はこう――

要するに、だ。

本質的に臆病なネコさんは、ボーラスの健気と、良い意味での単純さを羨望しているのだった。




PA0_0116.jpg






扉をくぐり、メモの指示通り席に着くと、真っ赤なローブを着た怪しい男が近づいてきた。

間違いない、「暁の教団」団員だ。

ネコさんは、嫌な汗が背中に吹くのを感じた。元々、腹芸は得意じゃない。



「お前がそうか。お前は、メェルーンズ・デイゴン様に選ばれし者への、仲間入りを望むのだな?」



メェルーンズ・デイゴン。破壊のデアドラ神。世界を滅ぼす悪鬼にして羅刹。

ネコさんとしては、そんなものと伍するくらいなら、ネズミとラインダンスでも踊ったほうがよほどマシなのだが、とりあえず無言で頷いておいた。

相手は、そんなネコさんの内心には気づかず、満足げな顔で言葉を続けてくる。



「暁への道は厳しいが、その褒美は……」



相手が、そこまで言ったところだった。



Come on! You never take me down!!



大音声を発して、ボーラスが頭上から駆け下りてくる!……って、ええっ!?



「き、貴様らっ……!」



あ、ヤバ。

とりあえず、腰のモノを抜きかけた目の前の男を、横から叩き伏せて黙らせる。

ほどなくして、周囲は静寂に包まれた。





PA0_0115.jpg






気づけば、同じ服装の男達が3名、床に伏している。

どうも、周囲に隠れていた「敵の援護役」と、ボーラスが鉢合わせした結果らしい。

とりあえず彼は無事らしく、ネコさん自身もケガはない。

それはいいのだが――



「……どうするんッスか、また皆殺しにしちゃって」



死体は黒幕や情報をしゃべらない。

幸い、第4巻は最初の男が懐に持っていたから入手できたが、もし敵がもう少し用心深くて、宝物をあっさり見せないようなタチだったら――



「……どうするつもりだったんスか?」


「さあ? まあ、いいじゃないかブラザー 目的のブツは手に入った。それで俺には十分さ。ハハハハハ!
 おまけに、クソ共を三匹も始末してやった! いい気味だ! ハハハハハ!」



ボーラスは上機嫌で、軽く手を振ると、祝杯をあげると言って去っていった。多分、帝都のあの店だろう。

ネコさんは彼の背中を見送ると、慨嘆した。

ああ、

彼のように――単純であることは、おそらく素晴らしいのだろう。

まあその、ああ、つまり――彼自身にとっては素晴らしいのだろうが――


周りの人間が、あまりに気疲れしすぎてしまうのだ。



スポンサーサイト

テーマ:オブリビオン - ジャンル:ゲーム

OBLIVIONプレイ日記 | コメント:6 | トラックバック:1 |

OBLIVIONプレイ日記 その10



ようやっと回線が復旧して書き込めるようになりました。

いやあ、削除喰らったのかと思って焦った焦った。ほら、初音ミクの例を引き合いに出すまでも無く、昨今ネットの世界にも言論統制の波が特にヤ○ーとかグー○ルとかお前らはアレか中国共産党かいやアレよりタチ悪いわこの拝金主義者どもめ


危なっかしい発言禁止!!(自主規制)




さて、前回以来、盗まれた皇帝のアミュレット奪還作戦を遂行するネコさん。

ブツがあると思しき敵のアジトに行くには、『暁の道』とかいう本4冊全部集める必要があるらしい。

うち2巻までは、帝都アルケイン大学図書館に収蔵されているのだが、のこり2冊はかなりのレア本であるらしく、その道の研究者でもお目にかかったことがないという。

少しでも手がかりを集めるべく、ネコさんは帝都随一と謳われる、ファースト・エディション書店へと足を運んだのだが……





PA0_0119.jpg



「第三巻? ございますとも」



………

存外に、唐突に、

あっさりと、それそのものが見つかってしまった。



「あっ、あのっ! それ、売ってくれないッスか?」


「申し訳ございませんが、既に買い手が決まっておりまして。
 しかも、本日、わざわざ遠方よりお受け取りにこられるのでございます。信用の問題ともなりますし、当店としては、お売りするわけにはまいりません。ご容赦ください」



客商売は信用第一。そう言われては、ネコさんとしても引き下がるしかない。

なんとかその買い手を説得して、譲って貰えるよう交渉する他はないだろう。

いざとなれば穏便ではない手段に訴える必要もあるかもしれないが――なるべく、それはしたくない。

件の買い手は、さほど待つ必要も無く現れた。





PA0_0120.jpg



「ああ…これを探すのにどれほどかかったか! 感無量だよ…」


店主から本を受け取った彼、グヴィナスとかいうウッドエルフは、涎を垂らさんばかりに喜悦の表情を浮かべていた。おそらく、衆目さえなければ、本にキスして、頬ずりしていたろうと思わせるほどに。

ネコさんにはコレクターの心理というものがよくわからない。本にしろ宝石にしろ、第三者から見ればさしたる必要性の無い物に絶大な価値を見出し、金も時間も惜しみなくつぎ込む。

傍目に見れば、これほど滑稽な人種もそうは居るまいと思うが――いや、よそう。何をもってして人生における至上価値とするかは個人の自由だ。

例えそれが、呪われた狂信の徒のバイブルでも。



(しかし、黙って持っていかせる訳にもいかない)



そう、ネコさんの目的は、まさに彼の自由を侵害することにある。わが子のように本を腕に抱く彼を見ると良心が疼くが、これというのもあの無能ハゲが悪いのだ。

恨むならあのハゲを恨んでくれ――そう思いながら、ネコさんは男に声をかけた。



「あの――もし」


「……? なんだね君は?」


「いえ、たいした用事じゃないんスけど……その本、譲ってくれないかなー…なんて」


「何? 冗談ではない! これを手に入れるのにどれだけ苦労したと思っているのかね!」



グヴィナスはますます強く本を抱くと、あからさまな拒絶の意を示した。

半ば予想していたことだが――仕方が無い。ネコさんはこっそりと溜息を漏らすと、出来る限りの真剣な表情と声色で、まっすぐに彼を見据えて口を開いた。



「我輩は――もとい、自分は、皇帝直属護衛騎士団ブレイズより委託され、件の暗殺事件を調査している者であります」



言って、腰のアカヴィリ刀――ブレイズの制式兵装だ――をちらつかせると、男の顔色が一気に変わった。

もっとも、ネコさんのそれは、修道院で戦死したブレイズ隊員から失敬したものだったが、今それを言う必要はないだろう。

それに、別にウソをついているわけでもない。



「現在までの調査の結果、皇帝暗殺には、暁の教団が深く関わっている可能性があります。そう、貴方の持っている本を、聖書と崇める教団です。
 もし、貴方が教団信者と何らかの関係があるとなれば、ブレイズは直ちに貴方を拘束。事件解明の為に、如何なる手段を用いてでも情報を引き出そうとするでしょう。
 場合によっては、投獄、拷問、いや、暗殺集団に加担したとして死刑ということも……」



後半は即興のハッタリだったが、効果は目に見えてバツグンだった。

クヴィナスは文字通り顔面蒼白になると、震える声ですがり付いてきたのだった。



「わ、ワタシは……何も知らなかったんだ! 皇帝暗殺なんて…まさかそんな……し、信じてくれ! ワタシは何も、何も知らない!」


「では、その第三巻は、調査の参考資料として預からせていただいてよろしいですね?
 ああ、第四巻に関して、何かご存知ならそれも教えていただきたいのですが」



我ながらよくもまあこれだけ厚顔な真似ができるものだ、と、内心苦笑するネコさんだが、当のクヴィナスは自らの潔白を証明するのに必死で、ネコさんの心理にまで気を回している余裕はなさそうだった。



「四巻は教団信者に接触して、直接受け取るしか手が無いんだ。ワタシは奴らとの会談を取り付けている。これが場所のメモだ。三巻と一緒に、どうぞ持って行ってくれ……頼む、ワタシは何も……知らなかったんだ……」


「ご協力に感謝します。いずれ事件が解決すれば、ブレイズは貴方に感謝状を贈るかもしれません。ご心配なく。貴方の無実は、自分が保証いたしますよ。」



ネコさんの言葉に男は破顔し、何度も何度も礼を言って去っていった。

彼がこれまでに費やした苦労を思うと胸が痛むが、とにかく、第三巻はネコさんのものとなり、四巻の入手方法も解明できた。どうやら会談場所は帝都の地下、下水道区画にあるらしい。

早速ボーラスに報告に戻ると、彼はメモの場所に心あたりがあるという。





PA0_0123.jpg



「下水道は隠密行動に最適だからね! 我々ブレイズもよく利用するのさ!」


「はあ、オンミツコウドウ…ッスか」


YES!(キラーン☆) ようし兄弟、一緒にそこまで案内するぜ!(ビッ!←親指を立てる音)」


「………」



とにもかくにも、隠密という言葉の概念から軽く14万8千光年は遠そうな脳筋とともに、ネコさんは脱獄以来はじめて、帝都下水道へと足を踏み入れることになったのであった。


………続く!



OBLIVIONプレイ日記 | コメント:2 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。